オンラインカジノの歴史

オンラインカジノは、1996年に世界で初めて運用が開始されました。

1958年にARPAが軍用に誕生して(インターネットの起源)から、38年後の出来事になります。

それまでのカジノを取り巻く環境は、マフィア(イギリス)の開く闇カジノ(違法カジノ)が主で、資金はマネーロンダリングも可能で決して公正な状況といえるものではありませんでした。

ただ、利用者には娯楽としてのカジノが非常に浸透していたとも言えます。

世界初のオンラインカジノ運用ライセンスの登場

腐敗していたカジノの環境に革命のように、世界で最初のオンラインカジノ運用ライセンスを国で合法的に発行する法律が決定しました。

1994年、イギリス連邦加盟国でもある、「アンティグア・バーブーダ」が、カジノ運用ライセンスを世界で初めて発行したのです。

世界発のゲーミング会社の登場

アンティグア・バーブーダがライセンス発行をする同じ年の1994年、世界で最初のゲーミングプロバイダーが誕生します。

「micro gaming・マイクロゲーミング社」です。

マイクロゲーミング社は、現在でもハイクオリティなゲームを提供し続けている企業で、最も成功したゲーミングプロバイダの一つです。

オンライン決済セキュリティー会社の登場

1996年、「アンティグア・バーブーダのライセンス」、「マイクロゲーミング社」の登場から2年後に、オンラインカジノに不可欠なオンライン決済を監視(セキュリティー)する会社が登場します。

「クリプトロジック社」です。

これにより、とうとう世界にオンラインカジノ運営が開始されるが訪れるのです。

世界初のオンラインカジノサイトの登場

クリプトロジック社の登場により、オンラインカジノに必要なパーツは揃いました。

同年の1996年にとうとう世界初のオンラインカジノが誕生します。

「インターカジノ」です。

インターカジノは、セキュリティー会社を立ち上げたクリプトロジック社の子会社「ウェイジャーロジック社」が運営。

2014年からは、世界最大規模のギャンブリング運営企業である「インターティンググループ」が買収します。

この会社は、ベラジョンカジノの運営会社「ドゥマルカホールディングス」の親会社にあたります。

オンラインカジノ業界の今

現在、オンラインカジノの総数は2000サイト程存在していると言われています。

その中数社が、日本に参入を果たし今に至ります。

日本という国は、初めは不正を見つけられずともかなりの制度で、ネット犯罪に対し監視の目が厳しいです。

ただ、初めの不正に利用者が被害を受けると、痛手を被る可能性も否めません。

 

ベラジョンカジノを例にとれば、マルタライセンス(MGA)を保持し、問題なくスムーズなアミューズメント提供に世界的に定評があります。

マルタライセンスは、取得の困難な審査基準を用いている規格で、相当の信頼性を合わせ持っています。

見かけない顔だな(カジノサイト)と思ったら、取りあえず手を出さずに、情報が集積されるのを待つのがベターと言える時代です。

 

 

© 2020 ベラジョンカジノに登録しよう! rss